ここからサイト内共通メニューです

  1. ホーム
  2. キャンペーン・おすすめ商品一覧
  3. 入退場管理システム【門番】

ここから本文です

入退場管理システム【門番】

現場の声から生まれた建設現場向け入退場管理システム 門番 入退場管理、労務管理、安全管理の業務改善をまとめて解決!

工事現場における作業員の入退場記録は、各職長が毎日書類に記入して管理事務所に提出するのが通例でした。そのため現場により精度にばらつきがあり、情報活用にはほど遠いものでした。
こうした作業の煩わしさを解消し、人材情報の有効活用を図るべく現場の声から生まれた入退場管理システムが【門番】です。

入退場管理システム【門番】の特徴

導入も運用も簡単

システムはレンタルでのご提供なので、お客様の工期にあわせてご利用が可能。
また完成されたシステムなので利用中の維持管理や運用のための労力を大幅に軽減します。

安心のセキュリティ

作業員に関する個人情報はすべて委託したデータセンターに蓄積。
情報を現場におく必要がないので、工事現場で各社が管理する必要はありません。

非接触型カードリーダーの採用

カードをかざすだけで瞬時に入退場を確認。
接触型のカードリーダーと異なり、印字面の磨耗もなく、スピィーディー読み取ります。
工事現場の声を形にしたシステムです。

レンタルで導入費用軽減

レンタルなのでシステム購入にかかる初期投資の必要がありません。
また付帯する機器もレンタルなので機器購入の必要もありません。

入退場管理システム【門番】導入のメリット

現場への入場者数が、事務所の管理用パソコンでリアルタイムに表示されます。

年齢や血圧、高所作業や特殊機械に欠かせない資格などの情報もパソコン画面上で確認できます。

1日の勤務時間が正確に記録されるので、個人別の日次集計に役立ち、月別管理にも便利です。

工事開始から完了までの蓄積データの分析で、効率的な人員配置や業務改善に活用できます。

※表示画面はイメージです

入退場管理システム【門番】利用イメージ

新規入場の際、作業員は登録カードとアンケート用紙に必要事項を記入し、その時点で直ちにIDカードとバーコードシールを発行。FAXで送られた情報はデータセンターにて入力され、作業員情報が登録されます。

一度登録してしまえば、あとは作業員が現場の入退場の際にIDカードのバーコードを読み取り機にかざすだけで、正確な情報がデータセンターに蓄積されます。現場でデータ入力やシステム管理する必要がありません。

管理者は、事務所にいながらパソコンの画面を見るだけで、今どの現場に自社の作業員が何人いるか、またどのような仕事に就いているかを、ひとめで知ることが可能。これが人員の適正配置と安全管理につながります。

入退場管理システム【門番】必要機器

  • 52-PDIT デスクトップパソコン
  • 52-PMIT モニター

  • 52-MBIT バーコードリーダー
 

【システム動作環境】
OS:Windows XP、Vista、7
WEB ブラウザ:Internet Explorer 6.0以降
モニタ:XGA(1024×768)以上の解像度
その他:Adobe Acrobat Reader 5.0以降

 

W80×D105×H150

資料請求・お問い合わせ:御見積もり・カタログ請求など下記よりお問い合わせください。

<インターネットで>資料請求・お問い合わせ

<電話・FAXで> TEL 03-6758-3513 FAX  03-6758-3511

キャンペーン・おすすめ商品一覧ページ

ここからカテゴリー内共通メニューです